ファッションウィークって何が楽しいの?というあなたに送る!ファッションウィーク東京2017 A/W情報


毎年3月と10月に開催しているファッションウィーク東京。

2017 S/SからAmazonがメインスポンサーとなり、名称がAmazon Fashion Week Tokyoに変わっていることに気づいた方も多いのではないでしょうか。今年は2017年3月20日(月)~3月26日(日)に開催されます。

2017 A/Wは44ブランドが参加予定

ファッションウィーク東京は、春/夏ものを扱った2017 S/Sに引き続き、渋谷ヒカリエと表参道ヒルズで開催されます。2017 秋/冬では44ブランドが参加することが発表されました(一部は参加を検討中)。初参加はdoublet (ダブレット)、HARE(ハレ)、TAAK(ターク)など12ブランド。「1piu1uguale3(ウノ ピュ ウノ ウグァーレ トレ)」、「junhashimoto」、「matohu」など前回参加ブランドも参加予定。参加予定ブランド一覧はこちら

ファッションウィークの楽しみ方

ファッションウィークでは、ファッションショーがいたるところで開催されるので、間近でたくさんのモデルさんを見られる滅多にない機会!また知らないブランドの世界観を感じるのにもってこいなのです。

オープニングパーティーに参加するセレブの衣装も注目されます。Amazonがスポンサーになって一番の変化が、これらの衣装がAmazonで購入できるようになったこと(わかりにくいかも知れないですが、2017 S/Sの衣装はこちらのセレブのスナップの下にあります)。

ファッションショーを展開するブランドの商品ももちろん購入できます。しかも、手に届く商品が多い!海外のハイブランドと違って、日本のブランドは個性的でグローバルブランドでないものが多いので、この点もファッションウィーク東京特有の楽しみ方と言えると思います。

インスタレーションは第一線で活躍するアーティストが手がけたとあって、大きな注目を集めました(前回のYUIMA NAKAZATOによるインスタレーションの様子はこちらからご覧になれます)。入場も無料なので、アートに触れ、非日常を味わってインスピレーションを得るには最適!今年もインスタレーションは予定されているので、足を運んでみてはいかがでしょうか。

まとめ

で、ファッションに興味のない私にどう楽しめって言うの?というあなた!

ファッションショーやインスタレーションは、ファッションを超えた世界観やアートの領域。服にだけじゃなく、様々なディテールに注目してその世界観を味わってみては?

ファッションショーで使われた服がそのまま買えるわけではないけれど、売られているラインナップはその世界観を現実に落とし込んだもの。そう考えるともう少しファッションも楽しめるのではないでしょうか。

ファッションフリマアプリのイマギ!

イマギブログ

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square