クリーニング展示会に参加!そこで見たものとは・・・

December 26, 2016

こんにちは、イマギです。

 

掲載が遅れてしまいましたが、先日東京ビッグサイトで開催された、クリーンライフビジョン21というクリーニングに関連した商品の展示会に行ってきました。クリーニングの「今」がわかる、3日間に渡る展示会。

日程の都合により、初日だけですが参加させていただきました。

 

東4・5ホールの大きな会場で開催された展示会。

クリーニングに係る商品・サービスと、コインランドリーに係る商品・サービスが展示されました。

 

 コインランドリーは今回調査対象ではなかったので写真がないですが、注目を集めているのがうかがえました。シェアや持たざる、といった考えが電化製品の三種の神器とも言われた洗濯機にも拡がっているんですね。

 

コインランドリーの機能は通信を可能にしたIoT対応の製品が見受けられました。メインは電子マネー対応と通知機能。確かにユーザーとしては、終わるまで待っていたくないですし、長時間放置しても他に利用したい方に迷惑ですし、洗濯や乾燥が終わったことは通知して欲しいです。これが通知以外にも広がって遠隔操作までできるといいですね。特に乾燥機は10分単位だったりするので、湿度などから乾燥具合がわかって、遠隔で時間延長とかできると便利そうです。

あとは持ち運びの問題ですかね。私も海外留学中、コインランドリーを使いに出てましたが、1週間分ともなると運ぶのがどうにも大変でした。。。

 

 

続いてクリーニング。

こちらは洗濯機はもちろんいろいろとありましたが、注目を集めていたのはプレスマシーン。

 

 クリーニングに一番多く出されるのはシャツ。シャツを着せて、襟や袖をプレスする機械は、どれだけスムーズに作業ができるか、参加の皆さんも興味津々の様子でした。

結構大型の機械なので、工場を選びそうですね。職人さんのアイロンと違って、なんでもプレスできるわけではなく、特定の形しかプレスできませんし、工場のスペースと、シャツが占める割合をよくよく考えて導入する必要があると思います。

 

もう一つ、ひときわ注目を浴びていたのがモバイル対応したPOSシステム。

写真では伝わりにくかったので撮ってないんですが、1秒受付を売りに、お客様によるお預け品の予約、また受取予約もできるシステムが、多くの参加者の注目を集めていました。

お預けの予約をしていただくことで、その場で検品しなくても、スマホを読み取るだけで後から検品結果と料金をお送りできるというもの。週末にはよく行列を見かけるクリーニング店。興味を引くのも頷けます。

 

イマギでもいずれ取り入れようと思っていた仕組みですが、すでに製品化されているとは思いませんでした。仕組みはシンプルで、お客様にモバイルアプリをインストール・ユーザ登録してもらい、そのユーザ情報を使ってお預けいただいた品を管理しようと言うもの。POSレジとの連携が前提になっています。

 

イマギの商品IDを控え、工場で確認する方式とコンセプトは同じなので、イマギでもすぐに実現できる仕組みです。イマギならさらに、POSレジを使用せず、お客様のスマートフォンの画面を見せていただくだけで受付を完了できます。ご興味のある方は是非お問い合わせいただければと思います。

 

と、宣伝のようになってしまいましたが、総合してみて、トレンドはシェア・持たざるとIoT・モバイル対応があり、クリーニング業界にとっては新たな利用者を獲得するいい機運になっていると感じます。「職人技で服をキレイにする」からお客様の利便性を追求して、お客様の時間を作る・生活を支援するという方向へのシフトが加速するのではないでしょうか。

 

イマギもそこに貢献できるようサービスを拡張していきたいと思います。

 

 

 

 

Please reload

特集記事

コートのお手入れ、これだけは絶対やろう!

February 3, 2017

1/2
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square